リキッドクレンジング

リキッドクレンジングについて

2016/07/26

リキッドクレンジングはご存じですか??

クレンジングにはいくつかの種類があります。

①オイル
②リキッド
③ジェル
④クリーム
⑤ミルク
⑥シート
⑦アイメイクリムーバー

の7種類があり、それぞれ配合されている成分や肌への負担が異なります。
洗浄力が高いクレンジングほど、肌への負担は大きくなります。

→クレンジングの種類について はコチラから

この中の、リキッドクレンジングをピックアップしてみました。

―リキッドクレンジングとは―

水分をベースに、水にも油にも馴染みやすいように作られたクレンジングです。

リキッドクレンジングは水分をベースにして、水にも油にもなじみやすいように作られたクレンジングです。
テクスチャーはサラサラとした液状のものがほとんどです。

「ローション」と呼ばれるものも大きく分けるとリキッドクレンジングに分類されています。
主成分が水であればリキッドと判断されるので、オイルが含まれているものもあります。
つまり、非常に定義が曖昧なクレンジングなのです。

 

【リキッドクレンジングのメリット】

①メイクをしっかりと落としてくれる
ウォータープルーフのリキッドファンデーションやウォータープルーフの日焼け止めなどで、
崩れにくいベースメイクをしている方に向いています。

②まつエクをしている人にオススメ
まつエクを付ける接着剤は、油分に弱いと言われています。
なので、オイルが入っていないリキッドクレンジングを使用することをオススメします。

→まつエクのクレンジングについてはコチラから

③濡れた手でも使える
これは女性にとっては嬉しいことですね。
わざわざ手や顔を拭かなくても、入浴中に使用できることで、手間と時間が省けますね。
※商品によっては濡れた手はNGな物もありますので、パッケージを確認して下さい。
入浴の途中で、毛穴が開いた状態でぱぱっとメイクを落とせるので、毛穴の汚れがしっかりと落とせます。

→正しいクレンジング方法についてはコチラから

④拭き取りクレンジングが出来る
コットンに含ませて拭き取ることが出来ます。
お風呂に入れない、疲れていて入る気力がない というときに、せめてメイクだけでも...
というときにはこの拭きとりクレンジングを試してみてください。
しかし、拭き取りは摩擦を引き起こすので、緊急時のみにしてください。

※商品によって使用方法は異なる場合がありますので、必ずパッケージを確認して下さい。

―リキッドクレンジングの使用方法①―

①手を洗い、清潔にする
手には沢山の雑菌が付着しているので、まずは手についている汚れをおとしてください。

②先にアイメイクを落とす
そうすることで、お顔全体のメイクを落としやすくします。
コットンにたっぷりとリキッドクレンジングを染み込ませ、目もとにしばらくなじませた後、優しく拭き取ります。
ここで大事なことは、決して擦り過ぎないことです。

③表記されてる量を手のひらに乗せる
必ず表記されている量を確認してください。

④Tゾーンから先になじませる
皮脂量の多いおでこからなじませてください。
ここでもこすり過ぎは禁物です。
優しく、優しくい願いします。

⑤落とす時はぬるま湯で
熱すぎると、お肌の潤いを奪ってしまったり、乾燥の原因になります。
逆に冷たすぎると、リキッドが固まり、なじんでくれず、落ちにくくなります。
人肌より少し低めの温度(33度)くらいがおすすめです。

⑥洗顔で洗い流す
クレンジングした後は、洗顔料で残った汚れを洗い流して下さい。

⑦タオルで優しく拭き取る
洗顔後はお肌がデリケートな状態です。
清潔なタオルで、お肌に当てるように拭きとって下さい。

―最後に―

リキッドクレンジングを使用するときは、

・パーツによって使い分ける
・メイクの濃さによって使い分ける

ようにしてください。

アイメイクは濃くなりがちなので、目もとにだけ使用したりするなどの
ちょっとした手間で、お肌を綺麗に保つことが出来ます。

あとは、乾燥しがちな方、デリケートな肌の方は様子をみながら使用して下さい。
リキッドクレンジングは、汚れをしっかり落とす分、乾燥しがちな方や、デリケートな肌には合わない場合があります。

もし肌が荒れたり、異常があれば、使用を控えて下さい。

乾燥肌やデリケートな肌の方には、ミルククレンジングや、クリームクレンジングもおすすめします。

-リキッドクレンジング