ジェルクレンジング

ジェルクレンジングについて

2016/07/26

現在どんなクレンジング剤を使用していますか?

クレンジング剤を選ぶ基準は何ですか?

「とりあえずメイクがしっかり落ちるやつを使ってる」

って方がほとんどではないでしょうか。

スキンケアで、最も重要なのは「クレンジング」です。

お肌に負担をかけているメイクや日焼け止めをしっかりと落とさないと、

「くすみ」・「シワ」・「お肌の老化」・「肌荒れ」 などなど、様々なお肌のトラブルを引き起こします。

なので、クレンジング剤を選ぶことは、とっても大事なことなんです。

肌質や、メイクによっても使用するクレンジング剤は変わってきます。

沢山あるクレンジングの中から、自分にピッタリのものをみつけましょう。

 

→クレンジングの種類について

→年代に合ったクレンジング

 

その中でも、今回はジェルクレンジングをピックアップします。

ジェルクレンジング使ってるよーって方多いんじゃないでしょうか。

毎日使っている方も、ジェルクレンジングを使ったことの無い人も、
ジェルクレンジングについてもっと知って、毎日のお手入れの参考にしてください。

 

ジェルクレンジングの特徴

・吸着性が良く、肌へのなじみが良い

・ジェル状のテクスチャーで、摩擦による肌への負担が軽減できる

ので、とても人気で、リピーターも多いようです。

ジェルクレンジングには、水溶性ジェルタイプと油性ジェルタイプがあります。

 

◆水性ジェルタイプ◆

水性ジェルタイプは、オイルフリーとオイルインがあります。

 

― オイルフリー ―
・メイクの落ちはやや低め
・まつエクをつけている方におすすめ
・ナチュラルメイクな人におすすめ

 

― オイルイン ―
・油分を配合している
・オイルを含んでいるが、さっぱりとした洗いあがり
・優しい使い心地とメイク落ちのバランスが優れている

 

◆油性ジェルタイプ◆

・オイルをジェル状にしたクレンジング料
・メイクの落ちに優れている
・ウォータープルーフのマスカラやリキッドファンデーションも落とすことが出来る
・ジェル状なので肌への摩擦が比較的少ない

 

水性ジェルタイプと油性ジェルタイプの見分け方

・「オイルフリー」の表示があれば、水溶性である可能性が高いです。
・「油性」の表示があれば、油性ジェルタイプです。

 

ジェルクレンジングの使い方

①先に、落ちにくいアイメイクなどはポイントリムーバーなどで落としておきましょう
※お顔全体のメイクを落とすときに擦らず、しっかりと落ちやすいように
②乾いた手にジェルを取る
③手の熱でジェルを温める
④顔のすみずみまでジェルクレンジングを広げる
⑤顔の内側から外側に向かって、全体に円を書くように優しくなじませる
⑥小鼻など、汚れが落ちにくい部分は丁寧になじませる
⑦ぬるま湯で洗い流す

※水性ジェルでも、油性ジェルでもどちらでもこの方法で大丈夫です

最後は必ずぬるま湯で落として下さい。
この時、少しづつなじませながら落として下さい。

水性ジェルと、油性ジェル、どちらを使おうか迷った時は、ご自分の
メイクの濃さで判断してください。

・ナチュラルメイクの時は水性ジェル
・濃いメイクの時は油性ジェル

このことを知るだけでも、これからのクレンジング選びに参考になるかと思います。

一番のポイントは、
「決してゴシゴシこすり過ぎないこと」です。

こすり過ぎると、摩擦によってくすみの原因にもなります。

優しく優しく落として下さい。

あなたの肌にピッタリ合うクレンジング剤を見つけて、使ってくださいね。

-ジェルクレンジング