まつエク

まつエクしている人のクレンジングについて

2016/07/26

みなさんは普段どんなクレンジング使ってますか?

どんなクレンジング方法でメイク落としてますか?

クレンジングにも沢山種類があり、クレンジングの方法も色んなやり方があります。

【クレンジングの種類】

①オイル
②リキッド
③ジェル
④クリーム
⑤ミルク
⑥シート
⑦アイメイクリムーバー

こんなにあるんですね。

 

クレンジングを選ぶときの参考にしてほしいことは、

・肌に負担をかけない

・自分にあったクレンジングを使う

・毎日続けられるクレンジング方法を実践する

ことです。

 

濃いメイクとナチュラルメイクで、クレンジング剤とクレンジング方法は変わってきます。

 

最近では、まつエクをする人が多くなってきました。

まつエクしている人は普段どんなメイク落とししていますか?

 

まつエクユーザーなら知っているかもしれませんが、

「まつエク専用」のクレンジングがあるんですよ。

これを使うことによって、まつエクを長持ちさせる事が出来ます。

 

まつエクの「持ち」は、クレンジングがとっても重要です!

せっかくつけたまつエク、長持ちさせたいですよね。

 

最近では、「まつエク専用」のクレンジングは数多く登場するようになってきました。

ここからは、まつエクのクレンジングについてまとめてみました!

 

まつエク用クレンジングを選ぶ参考にもしてみてください。

 

マツエクを付けている方におすすめしたいクレンジング料は、ズバリ

 

・水性ジェルタイプ → (ナチュラルメイクの人)

・リキッドタイプ → (しっかりメイクの人)

・ローション(ふき取り)タイプ → (面倒くさがりの人)

 

となります。

 

◆それぞれの特徴◆

【 水性ジェルタイプ 】

・水性と油性の2種類がある。

・油分を含んでいないことが多いので、洗浄力はやや低め
・アイメイクが薄めの人におすすめ

< メリット >
 ・テクスチャーがよく、吸着性、浸透(※角質層まで)がよい
・使い心地がやさしい

 

【 リキッドタイプ 】

・油分と水分の両方になじみやすい性質を持っている

・扱いやすいのが特徴
・洗浄力は比較的高い

・アイメイクやファンデーションもしっかり落ちる

< メリット >
・濡れた手でも使える
・洗浄力が高め

 

【 ローション(ふき取り)タイプ 】

・ローションを含ませたコットンなどで拭き取る
・洗浄力は商品の成分によりますが、面倒くさいマツエクケアのお助けアイテム

< メリット >
・化粧水・洗顔も同時にできるものが多く、手軽で便利
・保湿成分を配合しているものが多い

 

この中でも、「水性」のクレンジングジェルをおすすめします。

「どれが水性なのかわからない…」というときには、商品の成分表示を確認して下さい。

※成分表示は、配合割合の多い成分から順に表示されるように決められています。
表示の一番上に「水」や「界面活性剤」が表示されていれば、水性タイプのジェルクレンジングであると考えてよいでしょう。

 

クレンジングは、ポイントによって使い分けることがミソです。

「オイルクレンジング」は、まつエクの接着剤と相性の悪く、接着剤を剥がしてしまいます。

なので、「オイルクレンジング」は避けましょう。

 

 

 

-まつエク