未分類 洗顔 洗顔石鹸 酵素洗顔料

洗顔石鹸について

2016/07/26

みなさんは普段、

「洗顔フォーム」

「洗顔石鹸」

どちらをつかってますか??

見た目ではなく、成分や効果の違いってわかりますか?

いままでそんなことあまり考えたことないですよね。
この違いをすぐ答えられる人は少ないと思います。

今回はこの「洗顔石鹸」についてご紹介したいと思います。

 

なぜ洗顔石鹸か? というと、

 

洗顔フォームよりも洗顔石鹸の方がオススメだからです!

 

実はすごく優秀な洗顔石鹸。
いままで洗顔フォームを使っていたかたは、すぐに洗顔石鹸を使いたくなると思います。

◆洗顔石鹸◆

洗顔石鹸とは・・・

  1. 洗顔や体を洗うための石鹸
  2. 肌に優しい
  3. 合成界面活性剤は含まれていない
  4. 低価格で入手しやすい
  5. 動物性油脂 植物性油脂 を原料とし、脂肪酸カリウム( 液体の石鹸 )脂肪酸ナトリウム( 固形の石鹸 )という石鹸が作られる

 

-種類-

  • 洗顔石鹸
  • 薬用石鹸

 

-形状-

  • 固形
  • パウダー
  • 液体
  • ペースト状

 

洗顔石鹸の多くは固形かペースト状となっていますが、

 

 < 固形石鹸 > =  「 洗い上がりがさっぱり 」

 < ペースト状 > =  「 しっとり 」

 

という印象があります。

以上が洗顔石鹸についてです。

 

そんな洗顔石鹸も、メリット・デメリットはあります。

◆洗顔石鹸のメリット・デメリット◆

 -メリット-

①環境に優しい
石鹸に含まれているのは主に天然の動植物由来の油脂ですから、下水を通っている間に自然に分解されます。そのため、環境に優しいというメリットがあります。
②人体に無害
石鹸に使用されている成分は、肌に対して使用しても肌に吸収されることなく水で流すことが出来るため、人体にはほとんど影響を与えることがありません。
③皮脂よごれをしっかりと落とす
弱アルカリ性の石鹸を使用すると、肌表面の古い角質層が溶けて、肌に残留している皮脂よごれをしっかりと落とすことが出来ます。そのため、洗顔フォームなどではすっきり感が物足りない、という方にはオススメです。また、古い角質層を落とすことで、肌のターンオーバーを促すという作用も期待出来ます。

 

 -デメリット-

①洗浄力が強すぎる
洗顔石鹸は弱アルカリ性のため、敏感肌や乾燥肌の方が使用すると洗浄力が強すぎて、肌に必要な分の皮脂も洗い流されてしまうというデメリットがあります。
また、脂性肌の方であっても、長時間ゴシゴシと石鹸で顔を洗っていると、肌の皮脂がなくなり肌に悪影響を与えてしまうことが少なくありません。洗顔石鹸を使用する場合は、さっと石鹸で洗った後、丁寧に水で泡を流し切るように心がけましょう。
②肌がツッパる
洗顔石鹸で洗うと、洗い上がりに肌がつっぱってしまいますよね。
洗顔石鹸には、洗顔フォームに含まれているような保湿成分が入っていないのでどうしても肌がつっぱってしまうんです。
肌がつっぱると、急いで化粧水をつけなきゃっ!て焦るものです。

 

 

洗顔フォームにもメリット、デメリットはあります。

◆洗顔フォームのメリット・デメリット◆

 -メリット-

①泡立ちの良さ
洗顔フォームには、いろいろな合成界面活性剤が入っており、中には泡立ちを良くする働きを持ったものもあります。そのため、少しの量でもたっぷりの泡が作れます。
②保湿成分配合
洗い上がりの肌を乾燥から守るための保湿成分が入っています。
そのため、洗顔後しっとりとした肌触りになれますね。
③コスパが良い
洗顔フォームは工場で一斉製造するため、比較的価格が安いのが良いところです。高価な美容成分が配合されているものはそれなりに値段も高いですが、一般的なものなら1000円以下で購入出来ます。

 -デメリット-

①合成界面活性剤
洗浄力や保湿などの機能を向上するために、いろいろな合成界面活性剤が使われています。確かに合成界面活性剤のおかげで、使用感や洗い上がりが気持ちよくなりますが、肌に負担をかけてしまいます。

 

 

以上が洗顔石鹸と洗顔フォームのメリット、デメリットです。

洗顔石鹸の良い所は、人体と環境に優しい所。

そして、合成界面活性剤を使っていないことですね。

合成界面活性剤が入っていると、皮脂を落としすぎてしまい、肌トラブルにも繋がります。

それぐらい強力なんです。

合成界面活性剤は、人体に有害です。

 -合成界面活性剤による影響-

  • 皮膚障害
  • タンパク変性作用
  • 殺精子作用
  • 酸素活性阻止作用
  • 溶血作用
  • 発がん性
  • 催奇形性
  • 催奇形性
  • 妊娠率低下
  • 肝臓障害
  • アレルギー・アトピー性皮膚

洗顔フォームでこのような症状が必ず起こるということはないとは思いますが、
とにかく合成界面活性剤が人体には良くないということがわかりますね。

出来るだけ合成界面活性剤は避けたいですね。

 

なので、合成界面活性剤が入っていない洗顔石鹸はとてもオススメなんです。

 

しかし、洗顔石鹸ならなんでも良いという訳ではありません。

洗顔石鹸にも色々種類があるので、商品についてよく知ることが大事です。

成分表などをみること、実際に使った人の感想など参考にして、

自分に合った洗顔石鹸を見つけましょう。

◆洗顔石鹸の選び方◆

-自分の肌質を知る-

自分の肌に合う洗顔石鹸はどれなのか、迷っている方も多いと思います。

まず、肌質によって選び方は変わります。
肌質は大きく分けて三種類となります。

  • 乾燥肌
  • 普通肌
  • 脂性肌

上記の肌質以外にも、部分的に乾燥したり脂っぽかったりする混合肌
化粧品などの刺激に弱い敏感肌・アトピー肌という肌質の方もいらっしゃるのですが、
まずは自分の肌質を知ることが大切です。

 

 

-洗顔石鹸の成分をみる-

自分の肌質を知ることで、自分の肌に必要とされるものがわかりますから、洗顔石鹸の成分をチェックしながら選ぶ事ができるようになります。

敏感肌やアトピー肌には、添加物を使用していないシンプルな天然成分の洗顔石鹸がオススメです。

  • 界面活性剤
  • 香料
  • 着色料
  • 防腐剤

これらは肌の刺激になりますので、肌に合わない成分が含まれていないかどうかしっかりと確認する必要があります。

肌が丈夫な方でも添加物を気にする時代となっています。肌が荒れやすい方などは、〝無添加〟という表示にばかりに注目している方も多いのですが、香料や着色料という一部の成分が入っていだけで無添加としていたりする石鹸もありますから成分チェックはとても重要です。

 

「乾燥肌」・「普通肌」・「脂性肌」 別に、オススメする洗顔石鹸をご紹介します。

→乾燥肌にオススメな洗顔石鹸

→普通肌にオススメな洗顔石鹸

→脂っぽい肌にオススメな洗顔石鹸

 

-未分類, 洗顔, 洗顔石鹸, 酵素洗顔料