未分類 毛穴の悩み 洗顔 洗顔石鹸

毛穴のたるみについて

2016/07/26

毛穴の悩みは大きく3つに分かれます。

毛穴の種類によってお手入れ方法や注意点は異なるのですが、特に毛穴の「開き」と「たるみ」は

見た目が似ていて間違いやすいです。

自分の毛穴はどのタイプに当てはまるのか確認してみましょう。

 

■毛穴の詰まり(黒ずみ)タイプ

・毛穴の黒ずみが気になる
・毛穴が膨らんでいる

 

■毛穴の開きタイプ

・特に鼻の周りが目立ちやすい
・皮脂が過剰に出る

 

■毛穴のたるみタイプ

・特に頬の毛穴が目立つ
・毛穴が滴のように細長く見える
・30代から急に目立つようになった
・顔を少し上に引っ張ると毛穴が目立たなくなる

 

まるく開いている「毛穴の開き」に対して、毛穴と毛穴が繋がっているような

細長い毛穴が「毛穴のたるみ」の特徴です。

加齢による影響が大きく、主に30代頃から目立ちやすくなると言われています。

 

30代の女性に悩みの多くは、この「毛穴のたるみ」なんです。

 

しかし、今からでも改善できるので、あきらめないでください。

きちんとケアをすれば、10代、20代の頃のようなお肌に近づくこともできますよ。

まず、毛穴のたるみの原因を知り、そして改善していきましょう。

 

 

◆毛穴のたるみの原因◆

①コラーゲンの減少
真皮の約7割をも占めるのが、このコラーゲン。
細かい繊維であるコラーゲンの集まりは、それを束ねる同じく繊維成分であるエラスチンと共に
皮膚の弾力を維持する大きな役目を担っています。
しかし、このコラーゲンとエラスチンは加齢と共に減少していってしまうのです。そして真皮をしっかりと支えられなくなり、だらりと伸びてしまう感じとなってしまいます。また加齢だけでなく、紫外線を浴びることでもコラーゲンやエラスチンは変性してしまうと考えられています。
②血行不良による栄養不足
「たるみ毛穴」が気になる人の多くが、冷え性だったり喫煙者だったり。というのも、血行不良で肌全体に栄養が行き渡らず、弾力が失われるとともに、毛穴が広がってしまうんです。
③脂っこい食事
脂っこい食事やお菓子をよく食べる人は、皮脂が多く分泌されることで、毛穴が押し広げられ、「たるみ毛穴になりがちだそう。また酸化した皮脂、過酸化脂質のつまりも毛穴が大きくなる一因です。
④睡眠不足
睡眠が不足していると、成長ホルモンがしっかり分泌されず、肌のターンオーバーなどが狂い、肌弾力を失って「たるみ毛穴」になりがちです。
⑤男性ホルモンの影響
男性ホルモンが多い人は、皮脂腺の発達が活発になるため、皮脂の分泌量が増えてしまい、毛穴が大きくなりがちに。

 

どうでしょうか??

色々とありますが、コラーゲンの減少が一番大きな原因だと考えていいでしょう。

 

もちろんそれが全てではなく、生活習慣も改善したほうが良いです。

食事や睡眠については、心がけで治すことが出来ますよね。

加齢に勝るものはありませんから。

このように30代のスキンケアは、今抱えている肌悩みを改善すると同時に、

加齢により衰えがちな肌のチカラをサポートして予防していくケアが必要不可欠となります。

 

ではここからは、どのようにしてお手入れをするかご紹介していきます。

 

◆毛穴のたるみのお手入れ◆

 

-クレンジングで真皮層に弾力を!-

スキンケアの中で、クレンジングが一番大事です。
そして、年齢と肌の悩みで使用するクレンジングも変わってきます。
毛穴のたるみや開きを改善するポイントは、真皮層内のコラーゲンやエラスチン・ヒサルロン酸を増やし、ハリと弾力を保つこと。
そのために有効なターンオーバー促進効果のあるクレンジングをオススメします。
→オススメクレンジング商品

 

 

-洗顔石鹸でアンチエイジング!-

洗顔石鹸には、肌本来のハリを取り戻す「アンチエイジング効果」があります。

多くの洗顔料は肌と同じph(ペーハー)である“弱酸性”を謳っていますが、石鹸はその反対の“アルカリ性“です。
このアルカリ性の石鹸で洗うことで、一時的に肌がアルカリ性に傾きます。
そうすると、肌は必死に元の弱酸性に戻そうと働き始めます。
この能力が高まると、より肌が活性化されているという訳です。

また、石鹸には保湿成分である脂分があまり入っていません。
石鹸で洗うと、つっぱる感じがすると言う人がいますが、それは保湿成分(脂分)があまり入っていないからです。

この保湿成分ですが、逆効果になることもあります。
保湿成分が洗顔後に肌表面を覆っていると、洗顔後に使う化粧水や乳液・美容液などの浸透を妨げてしまうのです。

その点、石鹸で洗った後はとても浸透しやすい肌になっているので、アンチエイジングの基本である“保湿(潤い)”を効果的にすることができます。
→洗顔石鹸についてはコチラから
→オススメ洗顔石鹸商品

 

 

-ビタミンC誘導体配合の化粧品を使 う!-

ビタミンC誘導体は肌にハリ・うるおいを与え、肌をふっくらとさせます。

しかし、ビタミンC誘導体は、化粧品成分表示に「ビタミンC誘導体」と書かれていません。
下記の名前で表示されていますので、参考にしてください。

  • リン酸パルミチン酸アスコルビル3Na(APPS、またはアプレシエ)
  • リン酸アスコルビン酸Na(APS)
  • リン酸アスコルビルMg(APM)
  • テトラへキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)

※ リン酸型のタイプは特に肌になじみやすいと言われています。
→オススメ化粧水商品

 

 

-日焼け止めで紫外線対策!-

たるみやシワの大きな原因である「紫外線」。
これを怠ると、高い美容液や念入りなお手入れが無駄になってしまいます。

曇りの日でも、しっかりと塗っておきましょう。

紫外線は「肌の老化」を招きます。
時間が経って、じわじわと現れてきますので、気をつけましょう。
→日焼けによる老化についてはコチラから

 

 

-定期的にピーリングを!-

洗顔によるピーリングで、古い角質を洗い流すことができます。
肌がすこやかに保たれるので、週に1~2回程を目安に定期的に取り入れることをおすすめします。
自宅でも簡単に出来るので、是非やってみてください。
ピーリングのスキンケア用品もたくさんありますので、ご紹介します。
→ピーリング商品

 

 

-充分な睡眠とバランスのよい食事を!-

十分な睡眠によって成長ホルモンが十分に分泌され、血流がよくなることで、食事で補った栄養素が、肌の隅々まで行き渡るようになり、たるみを防ぐことができます。

 

 

-顔ヨガなどで、表情筋をストレッチ!-

「たるみ毛穴」は肌全体のたるみにより引き起こされます。
顔の表情筋は、皮膚に直接ついているので、表情筋がたるむと、その上の皮膚もたるみ、毛穴まで下がってしまいます。

その為には、顔を固定し、目、眉、口だけを上→右→下→左と回すストレッチや、目、眉、口を全開にし、
その反対に鼻の中心めがけて、目、眉、口をすぼませるといったストレッチを常日頃からしておくとよいでしょう。

顔全体のたるみが毛穴のたるみにまでつながっていたとは、驚きですよね。ですが、お手入れでグンと改善することができます。是非、参考にしてみてください。

 

どうでしょうか?

決して今すぐ出来ないことではないですよね。

毎日少しの手間で出来ることばかりです。

「毎日の積み重ね」と「心掛け」ではないでしょうか。

いつかきっとあなたにぴったりなスキンケアに出会えますよ。

-未分類, 毛穴の悩み, 洗顔, 洗顔石鹸