未分類

ピーリング

2016/07/26

みなさんはピーリングを行っていますか?

何かと注目され始めたこのピーリングですが、

美容皮膚科などでよく耳にしていましたよね。

今は自宅でピーリングが出来てしまうんですね。

 

ピーリングとは??

皮膚の表面に酸性の薬剤を塗布して、古くなった角質や毛穴に詰まっている角栓老廃物などを溶かして除去する治療法です。余分な角質を取り去ることで皮膚の新陳代謝を高め、肌の再生を促すので、ニキビ治療に限らず、シミやシワ、たるみなど、あらゆる肌トラブルを改善する治療法・美容法として人気があります。

古い角質を取り除き、ターンオーバーを正常にする「角質ケア」の一種ですが、
ピーリングはあくまでもターンオーバーを「正常化」するための方法であって、
ターンオーバーを「早める」ものではありません。

 

ピーリングの種類

ピーリングにも、種類があります。

①ケミカルピーリング
「酸性」の薬剤を使用して古い角質などを取り除きます。

②クリスタルピーリング
「工業用微小ダイヤモンド」「マイクロクリスタル」などを使用して、古い角質などを取り除きます。

③レーザーピーリング
レーザー光線により、古い角質などを取り除きます。

 

ピーリングの効果

ピーリングには、色々な効果が期待出来ます。

  • 肌のターンオーバーを正常にする
  • メラニン色素の沈着を防ぐことができる
  • シミやくすみ、角質層の汚れ、黒ずみがうすくなる、消える
  • 美白効果
  • ニキビ予防
  • シワの予防

「ピーリングで美肌になれます!」
「ピーリングがあれば大丈夫!」

と思うのはとても危険です。

ピーリングは、基本的に、

「加齢や体質・洗わなすぎ(スキンケア不足)などによって、
古くなった角質細胞たちが剥がれずに、肌に残ったまま」

の人に効果的です。

「ピーリング」のチカラを借りて、

ターンオーバーを正常通りに機能させてあげよう!というわけです。

 

乾燥肌・敏感肌に人には危険!!

ニキビが治るから、派だが綺麗になるから
といって、安易にピーリングをするのはとても危険です。

乾燥肌、敏感肌の人が使用すると、「肌のバリア」が壊れていき、ターンオーバーが早くなってしまう危険があります。

「ピーリングすれば、肌がキレイになる!」

なんて言葉には騙されないでください。

 

ピーリングのススメ

ピーリングを行う上での注意点です。

 

ピーリングは朝ではなく夜に行って下さい

朝はお肌が敏感なので、ピーリングは必ず夜に行ってください。

 

2~3分待ちましょう

すぐに洗い流してしまうと、効果がありません。

 

毎日やらないこと

ピーリングはあくまでもターンオーバーを正常化させる一つの手段に過ぎません。
肌の改善は、一番に生活習慣を見直したり、化粧水、クレンジングなどで改善しましょう。

 

保湿をしっかり

肌のバリア機能も取り除いてしまったり、乾燥肌になってしまいがちです。
なので、保湿をしっかりとしましょう。

 

<ピーリングに不向きな人>

皮が剥けるほど乾燥している方や肌が敏感で刺激を感じやすい方、ケガが完治していない方は、
肌を守るバリア機能自体が弱まっているため、ピーリングをしてしまうと逆効果です。

肌が異常を察知して肌表面を守ろうとターンオーバー(肌の新陳代謝)が早すぎてしまっている可能性があるので、
まずは刺激から肌を守る保湿をしっかりと行う事をおすすめします。

 

安易にピーリングを行うことはとても危険だということがわかりましたね。

ピーリングを行うのは、最終手段だと思って下さい。

肌質はひとそれぞれなので、まずはご自分のお肌と生活習慣を見直す所からはじめましょう。

 

 

 

-未分類