ビタミンE 未分類

ビタミンEの効果について

2016/07/26

ビタミンは、美肌と健康には欠かせない栄養素です。

最近注目されているのが、ビタミンEです。
このビタミンEには、どんな効果があるかをまとめてみました。

ビタミンEの働き

「若返り効果」と「老化予防」

ビタミンEは、「若返り効果があるビタミン」と言われています。

ビタミンEは抗酸化作用が強い栄養素です。
老化や生活習慣病の原因である「活性酸素」「過酸化脂質」の増加を抑制する効果があるためです。

活性酸素はシミの原因

ビタミンEの抗酸化作用は、シミの原因でもある「活性酸素」を抑制し、
美白・シミ対策としても強い力を発揮してくれます。

夏は紫外線が多く、それを浴びてしまうことで体内ではコラーゲンに
攻撃する酵素が発生してしまいシミやそばかす、
たるみなどの肌の老化の原因に繋がっていきます。

しかしビタミンEはその悪い酵素を減少させてくれる物質を増やしてくれるので
結果的に肌を悪い影響から守ってくれるのです。。

ビタミンEは活性酸素の発生を抑えてくれますから、シミ予防にもなるということです。

ビタミンEには、毛細血管を広げて血流を改善する効果もあります。
全身に血液が巡ることで細胞の新陳代謝が活発化するので、
お肌のトラブルを防ぐばかりかハリやツヤを出すことにも繋がります。

その他の効果

ビタミンEにはホルモンバランスを調整する働きもあります。
生殖機能を正常に保つ効果があり、

  • 生理不順
  • 生理痛の改善
  • 更年期障害の緩和

にも効果があるとされています。
ビタミンEという物質は、欠乏すると不妊症を招きやすいということも言われています。

まさに、妊活中の方には摂っていただきたい栄養素です。

その他にも、

  • 冷え性
  • 肩こり

にも効果があります。

その他にも、ビタミンEは、血液中の悪玉コレステロールの酸化を減少させ、
血管に血栓ができにくくする作用があります。

  • 動脈硬化の予防
  • 心筋梗塞や脳卒中の予防

などといった危険な生活習慣病の発症を予防するといった効能があるとされています。

また、ガンの予防にも効果があると考えられており、国立がんセンターが
公表している「がんを防ぐための12ヵ条」でも取り上げられているそうです。

一日に摂取する目安

一日に摂取して良い量は決まっています。

vitaminE-6

ここで気をつけて欲しいのが、ビタミンの過剰摂取です。

ビタミンEの過剰摂取による症状として

  • 吐き気
  • 下痢
  • 肝機能障害
  • 筋力の低下

などが報告されています。

サプリメントで補おうとしている人は要注意です。

必ず、一日の摂取量は守ってください。

ビタミンEが含まれているもの

ビタミンEは、ナッツ類や、魚介類、野菜、植物油、小麦、卵などに多く含まれています。

vitaminE

最近では、若返り効果があるとして、海外のモデルや女優に大変人気になり、
アーモンドミルクや、ナッツが注目されています。

ビタミンEは、やはり食品で摂取することが一番良いでしょう。
ただし、さっきもいったように、サプリと併用する際は、過剰摂取に気をつけてください。

ビタミンEとビタミンC

ビタミンEは、ビタミンCと一緒にとるとより効果的です。
ビタミンEはビタミンCを一緒に摂ることで、相乗効果が得られます。

ビタミンEは体内のあぶらの部分を活性酸素から守ってくれています。
このときビタミンCが一緒にあると、サビ取りをして疲れてしまったビタミンEをもう一度甦らせてくれるのです。
ビタミンCが含まれている化粧水を使用すると、より効果が得られます。

最後に…
  • 最近年齢を感じる
  • 生理痛が気になる
  • 不規則な生活を送っている
  • 不妊症が気になる
  • 食生活が乱れている
  • 更年期障害が気になる
  • 疲れがたまっている
  • なんとなくだるい
  • 体温の調節がうまくできない
  • 肩こりや頭痛が多い
  • 微熱が続く
  • 胃腸の調子が悪い
  • 冷え性である
  • 不整脈が出る

以上で、どれか一つでも当てはまるものがあれば、ビタミンEが不足している可能性があります。

生活していく中で、上手にビタミンEを取り入れていきましょう。

-ビタミンE, 未分類